トップページ >> PJAについて

PJAについて

プリンストン日本人会とは

プリンストン日本人会(PJA;Princeton Japanese Association)は2004年に発足し、米国NJ州プリンストンに拠点を持ち、
(1)相互扶助 (2)情報交換 (3)文化交流を趣旨とする日本人及びコミュニティーの方々の団体です。会の趣旨に賛同される方は
国籍、住所を問わずどなたでも歓迎しています。非営利団体 [501(c)(3) Non Profit Organization]として、活動はボラン
ティア理事により運営されています。2015年10月現在約240家族(約590人)が登録しています。会員の地域はPrinceton地区、
Hillsborough,Bridgewater地区、Edison,New Brunswick地区、North Jersey地区、Jersey Shore地区、New York州、Pennsylvania州、
Maryland州、Georgia州、日本、フランスに広がっています。 

プリンストン日本人会の活動内容

私たちの活動の中で一番身近なものとして、PJA会員全員が共有するメーリングリスト(ML)での情報共有があります。このML
を通じてイベント案内や連絡、各種の問い合わせ(それに対する回答)、ローカル情報、不用品売買、求人情報などの情報
交換をリアルタイムで行うことができ、皆さんに好評をいただいています。さらに2013年にリニューアルされたウェブサイト
上でも会員の情報交換の機会が設けられています。

各種セミナーが多数開催され、ピクニックから、コミュニバーシティーなどいろいろなイベント、座談会、講演会、そして毎
月のPJAテーブルと1年を通じて活動が盛んです。これらの活動により、会員間の絆を強め、またコミュニティーとの連携
を図っています。

 

会員が自主的に主催するサークル活動にはコーラス、ワーキングウィメンズフォーラム、着物で遊ぼう、日本語読書会、
またゴルフやテニスなどのスポーツサークルがあります。

また、PJAでは相互扶助のための「ネットワーク」作りにも力を入れています。2007年夏より緊急時の助け合い
ネットワーク「ヘルピングハンズ」が始動しました。会員の居住地区を三つに分けて、Care Driver, Care Translator,  
Care Shopper, Care Cookの四つのサポートグループにボランティア登録した会員が相互扶助活動を行うほか、年2回
会員同士の顔合わせのためにお茶会(オープンハウス)を開催し、テーマ別に地域の情報交換も行っています。 
PJA では今後、プリンストンのコミュニティーの活動に参加し、地域の発展に寄与できるような活動を取り入れて
行きたいと考えています。

皆様のよりいっそう活発な参加をお待ちしています。

 

会員の特典

1.メーリングリストの活用

日常の会員間交流にはメーリングリストを活用しています。共有メールアドレスに発信・返信すれば、全員が読める
メーリングリスト(登録制)で、イベント案内の他に、NJ のローカル情報、問い合わせ、不用品売買、求人情報、
生活経験談など、会員同士の自由な情報交換に大きく役立っています。ヘルピングハンズのお茶会で交換された
情報も会員の皆様にMLを通してお届けしています。なお利用においては下記の点にご注意下さい。
(PJA会員MLにのみ適用です。会員主催のグループのMLは適用外です。)

a) 会員がメーリングリスト(ML)にイベント名/教室名/連絡先のみを載せるのは自由です。その後の連絡は個人メール間でお願いします。

b) 会員が(上記の)同一企業のイベント案内を繰り返し載せるのはご遠慮下さい。
  *会員がビジネスの紹介にMLを使用することはできません。MLでビジネスの紹介が出来るのはスポンサーのみです。
   (注:ムービングセールなどのお知らせは自由です。)

 

2.会員専用ページのアクセスとホームページを通じた情報交換 

ホームページ掲載の情報交換(会員専用)では、ヘルピングハンズのお茶会で収集した地域の
口コミ情報が掲載されます。また、PJA公式サイト「ホーム」の「イベントカレンダー」や
「PJAの活動」には、サークル活動を主催している会員の活動に関する情報が
アップロードでき、活動日や変更等を会員の皆様に知らせています。さらに会員のサークル
活動の情報を1ページ程度のスペースに掲載することもできます。

3.スポンサーからの景品、特典 

交流会ではPJA スポンサーや日系企業から寄付される景品が当たる機会があります。

 

関連項目

沿革    理事    会則(和訳)    運用ルール

1つ前のページへ戻る トップページへ戻る