石巻報告会

2015年8月26日Princeton Public Library,Quiet Roomにて12名の会員が参加して第3回石巻報告会を開催しました。

(ちなみに第1回は8月8日、第2回は8月22日で、それぞれ2名、5名の参加者がありました。)

当日は報告者が、1石巻、2ぐるぐる応援団、3復興の現状、4仮設住宅、5大川小学校、6私たちの復興支援について写真、動画、iPhoneアプリを交えて説明しました。内容は報告者が1泊2日で石巻を訪れ、ぐるぐる応援団代表の方が組んで下さったスケジュールに従って、石巻市内を廻り、主要人物に会って、実際に自分の目で見て感じたことをそのまま報告しました。
 参加者の中で福島を訪れた方がいて、福島の話も聞くことができました。また大川小学校の悲劇がテレビで放映されていたという話が出ました。福島の原発災害と石巻の関係、仮設住宅のありかたについての質問、意見が出ました。報告したい内容が多くまた活発な質問、意見で予定の時間を超過してしまいました。
 参加者の方から「長く東北と関わりたいという夢が確実に一歩一歩と進んで、プリンストンとのまさに架け橋となっていく過程を目の当たりに、感激でした。」との感想をいただきました。
 
*iPhone/iPadアプリ”津波伝承AR”をインストールすれば石巻の津波後の変遷がわかるようになっています。
 
被災地の人たちの「震災のことを忘れないでほしい」という願いが参加者に伝わったと思います。
最後にご多忙の中この報告会に参加された方々に深く感謝いたします。
 
参考映像
 1. 宮城テレビ、未来くるチャレンジ 進もう、宮城-一緒につくるキッチン 『いしのま★キッチン』
    
 2. NHKスペシャル 東日本大震災「大川小学校・遺族たちの3年8か月」
              
1つ前のページへ戻る トップページへ戻る