PJA春の会

2016年 12周年PJA春の会 報告

3月26日の土曜日は暖かいお天気に恵まれ、プリンストンのマリオットホテルで開かれた第12周年の春の会に、約120名の会員とゲストの方が参加されました。

美味しいランチの後、高橋三枝子先生と生徒さんの山賀ももさんによる春らしい日本舞踊を楽しみました。

その後和田雪子先生の指揮で、可愛い子どものコーラスを皆さんと手拍子して応援しました。

真鍋さんのご指 導の下での手作りの和菓子は、春らしい生け花とともに美しく配膳されて、心のこもった和菓子を食べられて最高でした。

初めての試みのビンゴゲームでは、賞 品を目当てに皆さん真剣そのもの。競争で、盛り上がりました。

今回の会のハイライトは、東日本大震災の一番被害の大きかった石巻から招待した大学生2名(阿部君と沼津さん)のご挨拶とPJA秘書の山川さんによるPJAがなぜ、石巻のぐるぐる応援団を支援するようになった背景の説明のプレゼンでした。

災害は思いがけないときに起こります。私も25年前に、カルフォルニアのオークランドの丘のアパートに住んでいたとき大火事に襲われ1晩で、家財道具(家具、服、写真、娘の教科書、書類すべて)失いました。約3000件の家とアパートが全焼, 死者25名、けが人150名でした。赤十字は、数日以内に、2万 円くらいの援助金を支給してくれましたが、焼け石に水で当座着る洋服だけで使いきってしまいました。火災保険がなくて困っていたとき実際に助けてくれたの は家族と友人でした。友達が古着や靴を寄付してくれたのは本当に嬉しかったです。しばらくは姉の家の居間に娘と寝泊りしました。漸く、別のアパートを見つ けて引っ越したときは娘の高校の友人のお母さんたちが中古の家具から、中古の食器まで寄付してアパートにもって来てくれました。とてもありがたかったで す。狭くても我が家はいいものです。そのときに、初めて他人のお世話になることを経験しました。

東北の方は多分近くのお友達もご家族もみな、災害にあって相互援助も出来なく特に大変だったと思います。5年も経つとほとんど震災の話もメディアで取り上げられないので、表面的にはもう問題はなくみえるかもしれませんが、まったく大違いで実際はまだ、仮設の住宅に住むのを強いられている人々が石巻では8割近いのです。新築の建物はお値段が高すぎるからです。仮設住宅は、せいぜい1-2年持つように作られているのに5年 もすんでいるので、隙間風もはいり、好ましくありません。このような困難な状態で、自ら被災者の阿部君と沼津さんが、子どもたちの遊ぶところを提供して、ボラ ンテイアをしているのを聞くと、心が温まり、「人がなぜ生きるか」について考えさせられます。復興しつつある東日本の将来を担う若い学生さんが頼もしいで す。私たちにとっては、大切な「出張講演」になりました。

現在のPJAの力では、長期留学など企画できませんが、今回の春休みの利用の短期間のプリンストン訪問で、お二人が経験されたことを帰国してから石巻の人々とシェアして、勇気つけてくださればとおもいます。3枚の色紙に、春の会の参加者全員が石巻の方へのメッセージをかきました。私たちのメッセージと復興のお祈りが来週にでも太平洋を渡って石巻に届きます。大震災以降のご支援をどうもありがとうございました。

プリンストン日本人会会長
青柳和子

 

2014年 10周年PJA春の会 報告

 たくさんの方々からすでにお礼や感想のメールを頂いたように3月29日土曜日に創立10周年記念の春の会が190名近くの参加者を集め、マリオットホテルで行われました。

会の様子を全部を網羅することはとてもできませんので、今回初めての試みから触れていきたいと思います。来賓としてニューヨーク総領事草賀大使ご夫妻にご臨席お願いしました。開会の辞の後、ご祝辞を賜りましたが、通訳必要なしのスピーチに感銘を受けました。お二人とも気さくなお人柄で楽しくお話も弾みました。協太鼓の前に退席のご予定でしたが、演奏中もご自身のカメラを出して撮影されるくらい感激され結局30分以上 予定超過でニューヨークにお戻りになりました。

太鼓の振動は人間の本然を突き動かす力を持っているようです。いつもディジタルの音に囲まれ育っているお子さんたちも実物の太鼓の音の迫力に魅了されて30分近くジッとして聞き入っていました。プロ集団ではなくボランティアの集まり、それも女性が中心というのもPJAと似ていて応援したくなりますね。気を合わせて5曲もこなすにはどれほどのトレーニングが必要か、でも皆さん笑顔が素敵で好きで好きでたまらないオーラで満ち溢れる様子に、太鼓グループがPJAでも出来たらなあ。。と思いました。大塚さん、長い間の打ち合わせまた会員さんからのたくさんの感想メッセージを協太鼓のメンバーにお伝えくださり有難うございました。

すでにウォン桂さんからYoutubeにUPされたPJAの恋チュンをご覧になられたと思います。十数カ所をカメラを持って回り、コーラスには3回もいらして頂いて編集、当日のリハーサルなどお疲れ様でした。けいさん、お仕事あるの??子どもはいるの??というくらい神出鬼没。良い思い出のDVD有難うございます。

⇒ PJAの恋チュン動画を入手されたい会員の方、理事メールまでご連絡下さい

総合司会は司会のプロである諌山純子さんに存分に力を発揮して頂きました。よく通る美しい声に加え、入念な下調べと打ち合わせ、こういう風にするものなのか、、と感心しました。

空手の演技、格好いいですね。日本人としてのDNAを掻き立てられます。北川先生有難うございました。和田先生のキッズコーラスもちびっ子達が集まって元気に合唱、引き続きの恋のフォーチュンクッキーでは舞台の真ん中で踊っている姿が愛らしかったです。大人は画面にくいいって、ダンスどころではありませんでしたね。コーラス隊の皆様、シュナイダーマンさん有難うございました。

テーブル対抗クイズは同じテーブルの方々が力を合わせて答えを探し大いに盛り上がりました。恒例のラッフルは120本15000ドル相当の品々を集めましたが、持ち時間が通常の半分の30分でした。当選者をさばくためにラッフル隊の皆様が知恵を出しあって時間内にやり遂げました。デザートには真鍋さんのご指導による和菓子がテーブルを飾りました。催しの合間には賑やかに並んだブース、今年は数も多いためスタンプラリーのスタンプ集めが大変だったかもしれませんね。企業、個人ビジネススポンサーの方々のご支援に感謝しております。

受付、会計、配膳、お話会、同時通訳、片付け、着物を着て参加され花を添えて下さった会員の皆様、ボランティアとして働かれた方々も生き生きと楽しく一日を過ごされたと思います。10周年の記念行事を終え、これからのPJAの歴史をまたご一緒に刻んで行きましょう!!

プリンストン日本人会会長
奥田佳子

  

2012年PJA春の会 ご報告

PJA会員の皆様

2012年3月31日土曜日に恒例の春の会が催され158名の参加者が集い大盛況のうちに終わりました。

当日は生憎の寒空で雨も少し降っていましたが、副会長である青柳さんのもと13名の理事さんたちが協力して開催にこぎつけました。今年に入ってからは毎日のようなメールでのやりとり、ホテル側との食事や会場設定などの打ち合わせ、下見、資金集めや宣伝のための新聞社、会社訪問、ラッフルの品物調達、震災後活動報告にあたってのそれぞれの団体との打ち合わせ、映像の準備、和菓子作り、1月からは毎日メールが数十通も飛び交いめまいを起こしそうなほどでした。残念ながらリーダーの青柳さんは急用で出席が叶いませんでしたが、他の3名の欠席の理事さんと共に陰の力となり直前まで力を注いで下さいました。

毎年の反省を元に少しでもよい一日となるよう改善に取り組んできました。その効果が一番現れたのはスタンプラリーを取り入れたことによる各ブースの盛況さにあったと思います。ブース出店は11それに震災後の活動の模様の展示、ライオンズクラブの展示など合計12ありました。ブース担当のパトリーロ和佳さんの迅速でかつ献身的なお仕事ぶりなしではこのようなスムースな運びにはならなかっただろうと思います。準備の途中で彼女は会計の仕事も引き継ぎ二足のわらじで大活躍でした。本当にお疲れ様でした。また各ブースに出店された企業スポンサーさま、及び個人スポンサーさまには朝早くから集まっていただき謝辞にたえません。お子さんから大人まで楽しめるイベントの一つになったと思います。今年はブース出展者の方々もメイン会場でお食事したり、ラッフルに参加されたりで会員との交流がみられ、大変嬉しいことだと思います。

恒例になっている余興やゲームなどをやめ、東関東大震災後の会員の活動報告一本に絞ったこともよかったと思います。大塚副会長が取りまとめ役で、シュナイダーマン典子さんを中心とするコンサート、久坂登志子さんと多くの会員さんがリコーダ奏者として参加されたコンサート、フラワーアレンジメントのフライヤー重子さんのお教室の様子、また山川さんご夫妻の係わるIppoによる百万羽鶴から始まるプロジェクト、着物セールの模様、そして小学校3年生の江渡武沙志くんの取り組みなど紹介されました。最後にNYのライオンズクラブから組織の仕組み、義援金の使い方などの報告がありました。少しスクリーンが小さくて両端の方々が見にくかいという反省点はありますが、木内さんが編集されたスライドショーに皆さん引き込まれていらしたと思います。特に武沙志くんの発表は最初英語によるプレゼンとお伺いしていましたが、見事な日本語で、この日のためにお母様が特訓されたそうですが、子どもたちも水を打ったように静かに聞き入っていました。私もプレゼンは多く聞いてきましたが、武沙志さんのプレゼンは一生忘れることがないだろうと思う感動でした。

今までは会員以外の団体をお招きすることはなかったのですが、ライオンズクラブまたIppoの方々などが来られ、交流する機会をもてたことはPJAの将来の発展のために大きな刺激となりました。締めくくりとしてPJAコーラスと一緒に「見上げてごらん夜の星を」を2部合唱で歌いました。歌うことを決めたのは会の10日前という慌しさでしたが、楽しみながら毎月一回集まっているコーラスです。よかったらこれを機会にご参加下さい。

お食事は日本人向けに味がよく好評でした。プログラムの一部を変更してデザートを食事のすぐ後に続けて出してもらい、それを楽しみながら時間オーバーしたブース出展者紹介をカバーしました。和田幸子さんの指導によるキッズコーラスは毎年、可愛い声が響いて好評ですが、「犬のおまわりさん」、「おはなしゆびさん」「いとまき」などおなじみの曲で思わず口元がほころびますね。、最後に真鍋さん宅でボランティアが作った和菓子が綺麗なトレーに配膳されて花を添えました。休憩なしで2時間近くでしたが、無駄がなくラッフルに移ることができたと思います。

ラッフルは100点以上の出品で、北川さんのひょうきんで、温かみのある司会が場を和ませました。一時間以内に全部の賞品の受け渡しができたのもしっかり準備ができていたからだと思います。会場の横幅一杯のテーブルに賞品が溢れんばかりにありましたが、企業・個人スポンサーさまはじめ、会員の方々のご寄付や収集に協力してくださったお陰です。

今年のカメラウーマンは田中リグナー清美さんで、既に和菓子作りの模様も写真で御紹介したとおりでご存知と思います。アーティストとしてはライディング泰子さんの筆による見事な「春の会」の看板、「東北頑張れ」は東北出身の彼女が実際に地震・津波を目の当たりにし、それに立ち向かって書かれた作で、筆を3本も折りながらの渾身の作です。

ここには書ききれないほどのボランティア、協力者がいらっしゃり、一期一会の春の会のため働いて下さいました。E-mailという形ではございますが、皆様に御礼と共にご報告申し上げます。これからもPJA理事たちに声援宜しくお願いします。

プリンストン日系人会会長
奥田佳子

1つ前のページへ戻る トップページへ戻る